Top > 正月の飾り

正月の飾り


【厳選・特選】【3尺〆】【三尺〆】【〆縄】【しめ縄】◆あなたの【神棚】に≪凛と祀≫にふさわ...

 

正月には、歳神様をお迎えするために、家の中や外に、車などにも飾りをつけます。
正月に飾るものは、以下の通りです。

・門松~家の門や玄関に松を置くことにより神様が降りてくると言われている。正式の門松は、三本の竹を中心に松と梅の枝をあしらって組み合わせて下をむしろで包み、輪飾りをかける。2対(雄松と雌松)飾るのが基本。

・鏡餅~三方(白木の箱でも可)に半紙を四方に垂らして敷き、その上にゆずり葉、またはうらじろを左右に置く。餅の上から昆布を垂らし、上にみかんや伊勢エビをのせる。
・しめ飾り~神様を迎える場所をしめすために、玄関正前に飾る。

なお、正月飾りを29日に飾るのは、29日の9は苦にたとえられているため、避けたほうが無難。また、31日に飾るのは「一夜飾り」といって神をおろそかにすると言われています。そのため、正月飾りは、27、28、30日に飾るようにするといいでしょう。

 

 スキンケア商品  女性用の育毛剤  ビキニラインの脱毛  しみ・しわ対策
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
門松の様式(2009年7月30日)
門松の由来(2009年7月30日)
正月の神棚と床の間の飾り方(2009年7月30日)
正月の飾り(2009年7月30日)