Top > 門松の由来

門松の由来


迎春準備はしてありますか?新年のお祝いなどでかかせない門松などの飾りは光の楽園で!!【迎...

 

門松(かどまつ)とは、正月に家の門口などに立てられる一対になった松や竹の飾りのこと。松飾りとも言います。

門松は、古くは、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、歳神様を家に迎え入れるための依代という意味合いがあります。その起源は中国の唐の時代までさかのぼると言われ、日本には平安時代に伝わったようです。

平安時代の門松は、根の付いた松を門の前に植えていたとか。室町時代に竹を一緒に飾ることが多くなり、現在のような飾りになったとされています。

門松は、12月29日に飾るのは「二重苦」、また9の末日でもあることから「苦待つ」に通じ、12月31日に飾るのは「一夜飾り」といって神をおろそかにするということから、12月26、27、28日か12月30日に飾るのが良いとされています。

 

 断食ダイエット  ダイエット食品の口コミ  雑炊ダイエット  アミノ酸ダイエット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
門松の様式(2009年7月30日)
門松の由来(2009年7月30日)
正月の神棚と床の間の飾り方(2009年7月30日)
正月の飾り(2009年7月30日)